So-net無料ブログ作成
エートマンズ・ファーム ブログトップ
前の10件 | -

小梅の収穫 [エートマンズ・ファーム]

180512koume01.jpg

 ウメの実(とくに小梅)が熟してきています。今週後半から来週前半まで、断続的に
収穫作業が続きます。
nice!(0)  コメント(0) 

ユズの収穫 [エートマンズ・ファーム]

171213.jpg

 エートマン農場のうち、山の畑があって(もっともみんな山ではという意見もありそうだが)、
その畔(とくに「くろ」と読ませます)に、2本のユズの木が植えてありまして、ご覧のとおり
今年は、いつになく大きな実をならせてくれています。
 このところの朝の気温が氷点下にまでなるようになったので、収穫が急がれるのですが、ご
案内のようにユズの木には、ガッシリとしたトゲがいくつもあって、下手をすると痛い思いを
するので、ジャンジャンと収穫を進めるわけには参らないので、しばらくたいへんです。

nice!(0)  コメント(0) 

立冬という日に・・・ [エートマンズ・ファーム]

171107kome01.jpg
 今日のお昼前の、わが家の米倉庫の内部のようすです。ようやく全ての脱穀が終わり、
米倉庫は腹一杯になりました。今年の収穫が50袋とちょっと、そして前年収穫分の残り
が5袋と言う状況になりました。これを計画的に出して、これからの一年を食いつないで
いきます。
 しかしながら、米を全て倉に入れた日が、立冬だなんて、今年はたいへんな年でした。

nice!(0)  コメント(0) 

畑作業の終わりはもう暗く、空には・・・ [エートマンズ・ファーム]

170925hatake01.jpg
 ダイコンの種まきをしました。防虫ネットをかけて、作業が終わったときは、もう6時。辺りには
暗さが広がり、日暮れの早まりを感じました。

170925moon1804.jpg
 南西の空には、ぽっかり月が出ていました。三日月(?)にしては、高いなぁ・・・。
nice!(0)  コメント(0) 

今年は、この作戦で [エートマンズ・ファーム]

170923tamanegi_tanemaki01.jpg
 タマネギの種まきをしました。今回は、ポット苗作戦でいくこととしたのです。育苗ポットに
5粒ずつ播いていきました。
 タマネギ作りについては、一昨年の9月26日に、屋敷続きの畑の一画で筋蒔きしたのが、種か
らの栽培の最初でした。購入した種一袋で、約200粒を播いたのですが、苗床にネキリムシが入
りこみ、半分ほどが苗床で、根の付近を食べられてダメになってしまったのです。
 そして昨年、種まきのタイミングを逸してしまい、だいぶ遅くなって、ホームセンターで売れ
残りの苗を見つけ、50株ほどを植えたのでした。
 こんな経過があって、今年こそはと、とりあえず35鉢、175本分の苗作りを目指しての種まき
となった次第です。

nice!(1)  コメント(0) 

草取り、ようやく完了 [エートマンズ・ファーム]

170911hatake01.jpg
 今日(2017年9月11日)の夕方、18時頃のことですが、飛び飛びに4日ほどかかった草取り作業が
ようやく一段落しました。これからもうちょっと耕して、秋まきの野菜を作ります。

170821hatake01a.jpg
 ちなみに、8月21日の夕方、18時50分頃の状況で、草取りに着手した1日目の状況。ほんとにすごい
草でした。頼まなくてもよく伸びる夏草、今年はとくに草が伸びやすい天候だったように思います。
 これから秋が深まっていくなかで、お天気が味方してくれるといいのだけど・・・。

nice!(0)  コメント(0) 

神無月の終わり近くにホトケノザ咲く見ゆ [エートマンズ・ファーム]

161028hotokenoza01.jpg
 野に出て野生の花を見る時間がありました。正確に言えば、畑仕事に出たのですが、すぐに飽きてしまい
辺りをブラブラ、キョロキョロしたのです。諸先輩の畑の作り様はいかに、ってね。
 で、よそ様の畑を見歩きながら目がいったのは、畑の隅にあったホトケノザの花。もうすぐ10月も
終わろうとしている時分でも、咲いているんだと感激半分で撮影し、なおも感じ入ったまま、いつまでも
ブラついているわけにもいかず、もどってきたのですが・・・。

161028hotokenoza02.jpg
 エートマンの畑の一角を見て、あきれかえってしまいました。それはどういうことかといいますと、
わが領地の手が届いていないところでは、このように一面のホトケノザ畑になりさがっていたのです。
それじゃ、ダメじゃん・・・。

花も実もあるゴボウの話 [エートマンズ・ファーム]

160828gobou01.jpg
 この花、ご覧になったことありますか。
実は、ゴボウの花です。
 ゴボウやニンジンといった根菜類は、それらの根をごちそうになるので、
しかも、花が咲く頃には、食する部分が かたく木質化していくので、花ができる前に
掘り採って食用に供されます。こうしたことから、普段、なかなか花を見ることはありません。

160828gobou02.jpg
 花が見られた周りには、すでに咲き終わっているものも多く見られました。
花の時期はもう盛りを過ぎたようです。

160828gobou03.jpg
 となりの別な個体では、実がこんなに熟していました。
一般的に花を見る機会も少ないですが、だからその先に訪れる実の状態を見ることも希なことです。

 と、ここまでは既知のことでした。この後、初めての体験がおこりました。
いろいろと見る角度を考えながら撮影中、実がエートマンの服にくっついてしまったのです。
えっ、ゴボウの実は ”引っ付き虫”???

160828gobou04.jpg
 あらためて実の周りにのびているトゲのようなものをよく見てみると、どうでしょう。
先端が編み物のかぎ針のようになっているではありませんか。この先端部で、衣服の繊維をとらえ
服にくっついたということのようです。
 くっついたゴボウの実を、引き離そうとしたところ、実の内部にできていた種がパラパラと
落ちてきたのです。天然には、こんな仕掛けをもっていたのだ、驚きでした。

草は伸びる・・・ [エートマンズ・ファーム]

160828sky01.jpg
 今日の当地(甲府市下向山町)での天気は、曇り時々晴れ・一時雨でした。
午後から少し晴れ間が広がりましたが、雲の変化は激しいものでした。写真はそのうちの1コマ。
そんな午後に、エートマンズ・ファームのうち、米倉山山頂部にある畑に出撃しました。

160828kusatori.jpg
 ちょっと様子を見るといった程度の覚悟で出かけたのですが、びっくりするほどの草でした。
2週間前には、そうでもなかったのに・・・。この間、水田の草取りに励んでいたのですが
そちらが一段落したのもつかのま、こんどは、こっちの草との戦いとなりました(写真上段)。
 さすがに午後6時を過ぎると暗くなり始めた感じがし、同時に雨となりました。
でも台風が近づいていて、明日から天気が悪化する恐れがあるので、ここだけはやってしまわねば、と。
終了時には、雨は降るし、暗くはなるしで、写真撮影も相当に厳しい状況となりましたが、画像補正して
ビフォー・アフターが記録できたかと思います。

実りゆくイネの違い [エートマンズ・ファーム]

160821ine.jpg
 コンクリート製の畦畔の右側が、エートマンズ・ファームの3号水田で、左側の一段低い方が
4号水田となります。
3号水田では、もう稲穂がそろって出ていて、少し穂先が垂れ始めています。一方、4号ではちらほらと
穂が見られるようになりました。先行する3号水田(右側)では、雀よけのテープ張りも済んでいます。
 2つの違いは、①田植えの時期と、②品種の違いによるものです。
田植えの時期については、3号が早く、4号が少しおいてとなっています。また、品種的には、3号は
「きぬひかり」、4号は「あさひのゆめ」となっています。・・・と、ちょっと踏み込んだ農家オタクな
記事となりました。
 ちなみに、4号水田でも、時間がかかっていた田の草取りは、今日で終わりになりました。何とか
本格的な出穂期前に終わらすことができました。よかったぁ・・・・・。
前の10件 | - エートマンズ・ファーム ブログトップ