So-net無料ブログ作成

菱北岳 [甲斐の山々]

180125kitadake01.jpg

 御坂峠の一角から「菱富士」が見られることは有名ですが、北岳でもこのように
「菱形」に見える場所があります。中央市馬籠で撮影したものですが、左右の前衛
の山と山に挟まれて菱形に見えます。名所にしたいな・・・。

nice!(0)  コメント(0) 

昨日の北岳 [そらもよう]

180121kitadake01.jpg

 昨日のお昼に見た南アルプスの北岳です。昨日はまだ晴れ間があり、比較的穏やか
な日和でしたが、南アルプスの山々には雲がかかっていました。
 そして今日、当地でも大雪の予報が出ています。どうなりますやら・・・。

nice!(1)  コメント(0) 

夕月 [お月さん・そして宇宙と宇宙開発]

180121moon1740.jpg

 夕方見た夕月です。撮影時刻の17時40分現在での月齢は4.27。旧暦では12月5日でしたので、
いつの間にか三日月を通り越し、五日の月になっていました。

nice!(0)  コメント(0) 

下部温泉駅の古レール [鉄道-とくに身延線90周年]

161104shimobeSta01.jpg

 この話題は、2016年11月3日に現地調査したことについて、翌11月4日に記事にし、さらに
同年11月15日に補足記事を載せているのですが、内容を整理し、あらためて「身延線90周年」
のカテゴリの記事としようとするものです。

 まず最初の写真は、下部温泉駅と駅舎と当該資料の見られる場所を示すもので、11月15日
の記事から再掲しました。とても目につきやすい場所なので、誰でも容易に確認することが
できます。

161103rail01.jpg

 当該資料とするところをもう一度確認してみます(11月4日の記事から再掲)。駅舎の一部
を構造している柱材が、古レールの転用となっているのですが、そこにも文字列の陽刻があ
るのでした。

161112shimobeSta02.jpg

 それを読み解くとこんな感じになったのです(11月15日の記事から)。
 そしてその理解ですが、1946年5月に日本製鉄(当時)という会社で製造されたものであり、
戦後間もなく作られた鉄道用レールであり、長く列車の走行を支えて来たのですが、摩耗が規
定に達したためか、新しいものと換えられ、廃レールとなりました。そしていま、本来の役割
とは違う形に姿を変えてがんばっているというものです。
 前回のイギリス製1887年のレールよりは新しいものですが、基本的な位置づけはほぼ同じで
ありました。


nice!(1)  コメント(0) 

甲斐住吉駅の古レールの銘文詳細 [鉄道-とくに身延線90周年]

180116kaisumi05_040605.jpg

 前回にも登場させた甲斐住吉駅の待合室の全景です。この施設の構造材として古いレール
の見られること、すなわち列車の通過を支えた役割が、レール上面の摩耗などにより廃棄の
運命をたどったものが、第二の人生(「レール生」というべきか)を踏み出した様をお伝え
したものです。
 今回は、その続編というか、詳細バージョンとなるものです。

180116kaisumi06_040605.jpg

 まずは、こちらの古レール。待合室の上の方に梁として使われている部材の1つですが、
前回にもふれたように陽刻文字列がありまして、あらたに画像補正により正射投影化したも
のに、その判読情報を並べ併せた写真です。

180116kaisumi07_040605.jpg

 もう1つ、こちらは柱材として使われている部材で、これも上のものと同様に処理した画
像です。

 ここからまとめに入りますが、どちらにも1887年の紀年銘が確認されます。こうした
古いレールと甲斐住吉駅の関係を考えてみます。
 この甲斐住吉駅があるJR身延線は、大正2(1914)年に創設された「富士身延鉄道」(富
士―身延間)を前身とし、大正13(1924)年から昭和3(1928)年までの2期工事のなか
で身延-甲府間が完成していることが知られています。ですから、この駅の待合室に使用さ
れている1887(明治20)年製のレールは、どこか別の先行する路線に使用され、新材と
の交換によって廃棄されたものが、ここに運ばれてきて使用されたものと理解されます。
 次に、このレールのもともとの生産地についてです。今回取り上げた画像は、2004年6月
の撮影で、そのときに任意に撮影した範囲の情報に拠っていますが、この文字列には前後が
あって、それによりイギリスのシェフィールドにあるCharles Cammell & Co.という会社の
製造によるものだったということがわかっています(ウェブページ『古レールのページ』による)。


《追記》前回および今回の記事の取材は2004年で、このブログのはじまる前のことでした。
   ゆえに、このブログの過去記事にこれにふれたものはなく、今回「身延線90周年」
   という企画に合わせて登場させたものです。

nice!(0)  コメント(0) 

甲斐住吉駅の駅舎の古レール [鉄道-とくに身延線90周年]

180116kaisumi01_040605.jpg

 こちら2004年6月5日に撮影したJR身延線の甲斐住吉駅です。甲府発鰍沢口行きの
普通電車が停車中です。
 今回のテーマは、電車の方ではなくて、駅舎の方です。

180116kaisumi05_040605.jpg

 こちらが、その駅舎です。柱や桁を古レールで構造し、壁はブロック積みとしています。
まあ、駅舎と言うよりは、待合室といった感じはありますが。

180116kaisumi04_040605.jpg

 この駅舎、昭和35年3月に当時の国鉄の建物資産として台帳にのったことを示すプレート
がみられましたので、1960年までの建造と考えられます。こうした年代の構造物ならでは
の古レール、すなわち現役を引退したレールの再利用だといえるものなのですが、具体的
にはどんな状況なのでしょうか。実際のところを以下に見ていきます。

180116kaisumi02_040605.jpg

 まずこの柱材に使用された古レールですが、縦使いのレールのやや上の方に、製造者と
製造年にかかる陽刻の文字列が見られます。

180116kaisumi03_040605.jpg

 こちらの桁材にも同様な陽刻文字列が確認されます。うん、1887年製ということで
しょうか。こんなところにも歴史が感じられます。



nice!(0)  コメント(0) 

甲斐上野駅で見たRDF [鉄道-とくに身延線90周年]

180115rfd01_090926.jpg

 2009年9月26日に、JR身延線の甲斐上野駅の構内に、JR東海のRDFが停車して
いるのを見ました。お仕事の合間で、次の作業現場までの間、しばしお休みをし
ていたようです。

180115rfd02_090926.jpg

 その後尾側からの全景です。ところで、RDFとは、いったいどんな役割を持つ車
両なのでしょうか、その塗装色からして、保線関係の特殊車両であるとはすぐに想
像がついたのですが・・・。
 RDF それは Rail Flaw Detection System の頭文字なのだということらしい
のですが、その詳細は・・・WEBで、 じゃなくて、同日のこのブログの記事
ご参照ください。

nice!(0)  コメント(0) 

甲信幹線441号鉄塔 [送電線と鉄塔&発電所・変電所]

180111koushin441a.jpg

 東京電力の基幹的送電線の1つ、甲信幹線の441号鉄塔鉄塔です。この鉄塔は、
当ブログでは何度も登場していますが、また撮って載せちゃいました。それだけ
なじみ深い存在と言えるのかもしれません。

nice!(0)  コメント(0) 

今日の北岳 [甲斐の山々]

180113kitadake01.jpg

 甲府市下向山町にある米倉山、そこの山頂から見た南アルプスの主峰であり、わが国
第2峰の北岳です。このところ、雪雲に閉ざされている時間が多かったように思われま
すが、よく晴れてきれいに見えました。少し薄いつるし雲のようなのはありましたが。
 なお、その場所でその時に見たもので、ちょっといいものもありました。別のブログ
にのせてあります。よろしければ、見てやってください。こちらから・・・。
nice!(0)  コメント(0) 

芦川橋梁の塗装変更 [鉄道-とくに身延線90周年]

180111ashigawaBrg01_100110.jpg

 前回のJR身延線・川浦踏切のスケッチに前後して、2010年1月10日に芦川橋梁を望遠
していました。あれっ、トラス部の塗装の色が違ってる・・・。

180107ashigawaBrg05_070514.jpg

 こちらは、少し前に取り上げた芦川橋梁の記事に使用した2007年5月14日撮影の写真
の再掲です。こちらは薄い藤色のような感じで塗装がされています。

180111ashigawaBrg02.jpg

 その辺が少しあやふやだったので、昨日(2018年1月11日)、確認に出向いています。
2007年の撮影は、芦川橋梁を下流側から見ていますが、昨日の撮影は、アクセスの関係
もあって上流側から確認したものです。
 その結果、どうやら2007年の観察時から 2010年1月までに間に、塗装色の変更がなさ
れ、今に至っているようです。
 こうしたことは、たゆまぬメンテナンスが存在することの査証の1つと言え、わが身
延線は、ずっと生き続けているな、と感じたものでありました。
 
nice!(1)  コメント(0)