So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
そんとくさん ブログトップ

右のあんよ、どうしたの? [そんとくさん]

150614sontokuzoh01.jpg

 都留市の中心部にある谷村第一小学校の前の道を歩いていた時、
フェンス越しに、尊徳さんの像が目に留まりました。
いいお顔をなさっています。

150614sontokuzoh03.jpg

 この日は日曜日だったけど、学校開放が行われていたらしく、つい校門から少し
校庭に失礼をしてしまいました。
尊徳さんの像は、校門をはいって直ぐに右手の、岩石園の奥にお立でした。

150614sontokuzoh02.jpg

 よく見てみると、右足のようすがへん。義足? でしょうか。

勤勉フルなそんとくさん [そんとくさん]

130102sontokusan01.jpg

 金網越しにとある学校の校庭から校舎の一部を見たものですが、
そのねらいは、あれです・・・。
冬休み中の小学校は、静かに眠っているよう、近くで拝見するのは無理そうだったので、
18mm広角のレンズをやめて、300mm望遠に切り替えると・・・。

130102sontokusan03.jpg

 二宮金次郎ないしは尊徳さんの像でありました。
それにしても、こちらの尊徳さん、背に負うている薪の量がとても多い、
だから上半身の前傾も深く、全体的に勤勉さがあふれています。

130102sontokusan02.jpg

 とある学校、それは前回の火の見櫓のおとなり、山梨市立岩手小学校でありました。

幼顔のそんとくさん [そんとくさん]

120207sontokuzou01.jpg

 北杜市明野町上手にある中学校の脇にありましたよ。
二宮金次郎ないしは尊徳さんの石像です。

120207sontokuzou02.jpg

 この石像は、重心が後ろに偏っているため、足の後ろ部分に
切り株を表してそれで支えにしています。

120207sontokuzou03.jpg

 尊徳さんの像は、いくつか見てきましたが、同じものはあまりないみたい・・・。
ここでの尊徳さんは、やや幼い感じがするものでした。

おや、もしや、まあ・・・ [そんとくさん]

120122sontoku01.jpg

 西光寺さんの近くの住宅街で、あれ・・・を見かけました。
えっ、何でそこに???

120122sontoku02.jpg

 意外でした。何かいわれがあるのでしょうか。

北杜市武川支所の構内で [そんとくさん]

110710sontoku01.jpg

 北杜市役所の武川支所の敷地の一角に、二宮尊徳(金次郎)の像を見つけました。

110710sontoku02.jpg

 上半身にせまりました。
やさしそうなお顔をなさっておられますが、お鼻の先、少し痛んでいるみたい。

110710sontoku03.jpg

 台座も年代を感じさせる立派なもの、そこに銅板のプレートが埋め込まれていて、
曰く「偉大なる百姓精神 / 後藤文夫書」と。
報徳思想と結びつくコピーなんでしょうか。
それとこのコピーをお書きになられた後藤文夫さんて、あのお方でしょうかね。

昭和的光景(1) [そんとくさん]

110429sontoku01.jpg

 山梨市切差で見かけた光景です。
国道140号を北上し、途中を西に進路をとり、県道31号甲府山梨線を太良峠に向けて進行中、
パッと目に入った瞬間、これこれって・・・いう感じで車を止めました。

110429sontoku01sakura.jpg

 今日は「昭和の日」でありました(いつのまにか・・・という感もありますがともあれ)。
その昭和的光景が、探すともなく目に飛び込んできたので、ここにメモします。

 ところで、標高850mの当地でも、ソメイヨシノは、大部分、葉桜になりかけていましたが、
まだ少しサクラ咲く中でそれが見られたというのも、昭和的・・・
という感覚を強くさせてくれたものではないかと思われました。

110429sontoku01busstop.jpg

 話が脱線しついでにもう一つ、山梨にはいくつか難読地名がありますが、
当地とした山梨市の「切差」も難読地名ランキングの上位に上げられるかと思われます。
どう読むと思われますか。正解はこの記事の最後に・・・。

110429sontoku02.jpg

 さて、本筋に戻しまして、そこで見た中で、サクラの下(もと)に建っていたこれ、
これに昭和だなぁ・・・という感覚を強く持ったのでありました。

110429sontoku03.jpg

 二宮尊徳像、またの名、金次郎(金治郎が正しいとも)さんの像であります。
この像の台座に「以徳報徳」と記されていますが、これは彼の考えに基づいた
報徳思想の根幹にかかわるフレーズで、それが学校教育の場に取り込まれたのは、明治時代から。
でも、こうした具体的な姿で学校に建立されるようになったのは、
1932、3(昭和7、8)年頃からとされ、それまでの「ハナハト読本」と称される小学国語教科書が、
皇国・国威発揚に傾斜した「サクラ読本」に変わっていくのと軌を一にしていた
との説も見られます。
また1937(昭和)年が尊徳さんの生誕150周年に当たっていたことや
1940(昭和15)年の皇紀2600年記念事業の展開などの中で、その頃に、
この像の設置のピークが見られたようです。

110429sontoku01.jpg

 1つ目の写真の再掲です。
サクラが咲き、その花の下に二宮尊徳像が建つ、思いっきり「昭和」という光景に
少しだけこだわってメモとしました。

 なお、この尊徳像が見られた場所である山梨市の「切差」は、「きっさつ」といいます。

ひらめきこれまでに取り上げた二宮尊徳像については、左欄の
  カテゴリ「そんとくさん」からすべてご覧になれます。
  それぞれに表情が異なっているのもおもしろいですよ。
nice!(0)  コメント(0) 

小学校の片隅で [そんとくさん]

110205sontoku01.jpg

 二宮尊徳像を見ました。石を彫刻したもののようです。

110205sontoku02.jpg

 ある小学校の校庭の片隅、ほとんど目があまり届かないところです。

 ところで、今回また新たなカテゴリ「そんとくさん」作ってしまいました。

そんとくさん、もしくは、きんじろうさん [そんとくさん]

100925ninomiyasontoku01.jpg

 市川三郷町高萩地内をさまよっていたとき、りっぱな尊徳さんに出会いました。

100925ninomiyasontoku02.jpg

 安っちょいコンクリート製なんかでなく、きちんと石を彫ってつくられています。
こういうのがあるのは、学校か学校にゆかりのある場所に決まっています。

100925heikokinenhi01.jpg

 尊徳さんの石像と並んで、石碑が建てられていました。
上の方にある額の部分に、「閉校記念之碑」とありました。
碑文は、下九一色小学校の校歌を達筆でしたためたものでした。
碑文の末尾には、建碑の経過が記されていますが、それによると
昭和59年3月16日(読み間違いがあるかも知れませんが・・・)に之を建てると。
つまり、かつてこの場所は、下九一色小学校が存在した場所だったのです。

 これについて、少々、書き置くべきことがらがあります。
まず、下九一色小学校についてですが、1979年(昭和54)3月31日に閉校となっていて、
現在は、存在していません。いまは市川三郷町立上野小学校に引き継がれています。
山梨県教育委員会の峡南教育事務所のスタッフが運営する『新 やまかいの四季』というサイトに
「廃校跡を訪ねて」というページがあります。
そこに下九一色小学校の歴史も伝えられています。ご関心の方は、次のURLに進んでください。
ひらめきhttp://www.ypec.ed.jp/yamakai/haikou%20Top.html

 もう一つ、尊徳さんの石像についてです。
実は、こうした石像、過去にも取り上げたことがあります。
それをチェックするために、「二宮尊徳」とか「尊徳さん」「そんとくさん」など
ヒットしそうなキーワードをいれてブログ内検索したのですが、ダメでした。
それは、「そんとくさん」ではなく、「きんじろうさん」だったのです。
どうして「きんじろうさん」だったのか、なぜ今回のは「尊徳さん」となったのか。
次にあげる過去記事のURLをチェックして、そこに記録された画像と見比べていただければ、
ある程度答えがわかるかも知れません。(とてもつまらない対比なので、お暇な方だけどうぞ)
足http://bnvn05.269g.net/article/12717394.html

きんじろうさん [そんとくさん]

080527hotouin01.jpg

 甲州市塩山上萩原の法幢院さんに、先日(5/27)にお参りしました。
この境内で、いくつか発見がありましたが、
その1つにこんなものが・・・

080527kinjirou01.jpg

 二宮金次郎さんの石造です。
でも、ふつう、昔、学校の校庭の隅っこにあるのがふつう。どうして・・・

080527kinjirou02.jpg

 でも、台石に刻まれている文字を読んで、その謎が理解できました。
そんとくさん ブログトップ