So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
橋と川の文化誌 ブログトップ
前の10件 | -

橋の多い川とその6番目の橋 [橋と川の文化誌]

110528gomei6th01.jpg

 富士川支流の、滝沢川と坪川に挟まれた扇のような形をした「五明(ごめい)」
と呼ばれる、現在の南アルプス市の一地域があります。
明治8年(1875)から昭和30年(1955)までの間、「五明村」といいました。
荊沢・大師・清水・宮沢・戸田の5つの大字は、そのまま今の南アルプス市の
中に引き継がれているので、見当が付くかと思います。
 その五明地区の中を流れる中小河川を「五明川」といいます。
地図上で確認するその流れの長さは3kmもないのではないかと思われるほどの川です。
 川であるので、橋が架かります。
写真は、五明川6号橋であります。
下流側から数えて6番目の橋ということのようです。

110528gomei6th03.jpg

 昨日(2011年5月28日)の雨の中、その五明川6号橋を見ました。
欄干の下流側東詰寄りの基礎部分に河川名のプレートが見られました。いわく「五明川」
遠くに雨に霞む送電線鉄塔は、甲西線8号鉄塔です。

110528gomei6th04.jpg

 こちらも同様に五明川6号橋の下流側を西詰め辺りから見ています。
そこにあるプレート「ごめいかわろくごうきょう」は橋名の読みを表しています。

110528gomei6th05.jpg

 反対に上流側を見ますと、こちらのプレートは竣工年月を示したもので
「平成21年8月竣工」ということですので、かなり最近の橋の例ということになります。

110528gomei6th02.jpg

 最後に橋桁に取り付けてあるプレートの確認です。
コンクリート桁橋なので、いままで何度も目にしている鋼製桁橋のプレートとは
少しようすが違っていますが、基本的には道路示方書の2002年版に基づくA活荷重で設計された
プレテンション方式によるコンクリート桁となっているということがわかります。
プレテンション方式とは、橋桁を工場などで製作する際、PC鋼材により
あらかじめ緊張を加えるやり方で、丈夫なコンクリート桁とし、現場搬入、架橋するもの。
県の県土整備部が工事主体のようですが、「2009年5月」は竣工より3月ほど早く、
工場での完成時期ないしは現場に架設された時期を意味する・・・かと思われます。
(専門外なので、そうした微妙なところはわかりません)

 昔でいう2等橋、そう大きな橋ではありませんが、
五明川にいくつも架かる橋の1つ、興味をそそられました。
nice!(0)  コメント(0) 

山中のかわいい橋 [橋と川の文化誌]

110505hashi01.jpg

 櫛形山の山中で、小さなかわいい橋に出遭いました。

110505hashi02.jpg

 少し引いてみると、こんな環境に架かる橋です。

110505kawa.jpg

 かわいらしい橋の上から、流れを見てみました。上流側です。
谷川というほどではありませんが、山の中の谷部を流れ下る小さな川。
ハイキング用の山道がこの川を渡るために架けられていたのが、今回注目の橋です。

110505hashi03.jpg

 先行していた方のおみ足を移し込ませていただきました。
これで、その橋の大きさについてのイメージがつかめるのでは・・・。
この橋、とくに名称が表示されていませんで、不詳とさせていただきますが、
まだ名前がないのであれば、ステキな名をプレゼントしてあげなければ・・・。
あの「東京ゲートブリッジ」みたいに、大きくて有名でなくても、
負けないくらいの名前を付けてあげたい・・・。

110505hashi04.jpg

 渡りきって振り返りざまに眺めてみました。

110505hashi05.jpg

 さらに川の流れの側まで下りての撮影です。
流れの左右にフトン籠を置き、その上に赤いさび止め塗装をしたH鋼を渡し
その上にコンクリート製擬木を並べて完成・・・という構造の橋でありました。
nice!(0)  コメント(0) 

小瀬にて・・・4(かいじはし) [橋と川の文化誌]

110326kaijihashi01.jpg

 川と橋の欄干の組み合わせです。
その欄干には、山梨をイメージさせるブドウのレリーフ(といっていいのかな)が
あしらわれています。

110326kaijihashi03.jpg

 その橋の名前は「かいじはし」でありました。

110326kaijihashi04.jpg

 漢字での表記は「甲斐路橋」

110326kaijihashi02.jpg

 この橋ができた時期ですが、それについては「竣功 昭和60年3月」とありました。

110326kaijihashi05.jpg

 橋を、右岸の下流側(南側)から見てみました。
コンクリート桁橋のようですが、幅員はとても大きく、道路橋というよりは、
小瀬スポーツ公園のメインスタジアム前の広場の延長のようになっています。
そうです、この橋は、昭和61(1986)年に山梨で国民体育大会「かいじ国体」が
開催されていますが、
それに合わせて整備された会場の一施設という感じの橋です。

110326kaijihashi06.jpg

 橋から上流側を見ています。
この川は、富士川の上流の蛭沢川であります。
川の両側は、ソメイヨシノの並木になっており、もうすぐ桜色に染まります。
nice!(0)  コメント(0) 

中部横断道の富士川横断の下部工@下大鳥居 [橋と川の文化誌]

110227chubuoudando01.jpg

 前回の気になった木が見られた河川敷の、少し下流側で、
中部横断自動車道の橋梁下部工のようすを見ました。
もっとも河川敷内の工事は、ほぼ終わっているようでありましたが・・・。

110227chubuoudando02.jpg

 ここでは対面2車線の規格で施工されているようですが、これを1期線として
将来に必要に応じ4車線化する考えもあるようです。

110227chubuoudando03.jpg

 ここでの富士川の横断は、左岸寄りで上流側に緩やかにカーブを描くようです。
そしてその先、増穂ICにつながっていきます。

110227chubuoudando04.jpg

 ほぼ同じ方向ですが、やや下流側から見ました。
画面の中央付近が、笛吹川と釜無川が合流するところとなっています。

110227chubuoudando05.jpg

 こちらは、富士川左岸堤防の外側の路線を見たところです。
しっかりとした橋脚が2つ並びますが、その先にはJR身延線を越える橋脚も建つようです。
その先は、お山にぶつかり、トンネルとなるようです。

110227chubuoudando06.jpg

 再び富士川を渡る橋梁の橋脚を見ます。
この橋脚の向こうには、富士川大橋の西半が見られ、そのさらに向こうには、
ニールセン・ローゼ橋という形式をとる坪川大橋が見られます。
 さて、この後、どれくらいしてかは不明ですが、上部工が施工される日が来ます。
その完成時には、いったいどんな形式の橋になるのかな、ちょっと楽しみ・・・。
nice!(0)  コメント(0) 

西下条堰 [橋と川の文化誌]

101123nishishimojoseki01.jpg

 甲府市街の南西部をおよそ南北に流れる荒川、
甲府市西下条町の荒川右岸に見られた、とある構造物にこんなプレートを見ました。

(ごめん、みかん)
nice!(0)  コメント(0) 

今度はHDRSだぞ! [橋と川の文化誌]

100704shinaizawahashi01.jpg

 黒い物体に、アルファベットの記号がありました。HDRSと読むようです。
HDRSとは、何のことでありましょうか。

100612komukawaoohashi02SHDR.jpg

 今回の記事のタイトルに「今度は」とありますが、その前のやつがこちら(再掲です)。
2010年6月14日の「SHDRって何だ?」という記事で取り上げた
小武川大橋の超高減衰ゴム支承で、横浜ゴム株式会社(工業資材事業部)の製品でありましたね。

100704shinaizawahashi02.jpg

 さて、再び今回の「HDRS」に戻りましょう。
全体像は、こうでした。 そう、やはり超高減衰ゴム支承でしたね。
でも、記号が違うのが気になります。

100704shinaizawahashi03.jpg

 一番初めの写真の型式番号の列の末尾です。
そこにメーカーのロゴがありました。
これによって、このゴム支承は、東海ゴム工業株式会社の製品だとわかりました。
こちらのメーカーさんのHPにはあまり詳しい説明がありませんが、
いろいろと総合して理解されたことでは、こちらの会社の製品は、
HDR-Sとの表示もあって、HDRすなわち高減衰ゴム支承のスーパーなものということで、
Sが末尾に付くのであり、横浜ゴムさんのSHDRと基本的には変わらないものと考えられます。

100704shinaizawahashi04.jpg

 で、この超高減衰ゴム支承を見た橋の全景です。
というか、橋というより橋になろうとしている存在です。
流れている川は、笛吹川(富士川)の支流の金川で、向こうに見える青空の下が甲府盆地東部。

100704shinaizawahashi05.jpg

 川の中ほどに橋脚が1つ立ちますが、その部分を望遠しています。
工事中の橋の向こうに青い存在が気になりますね。
その青い存在は、過去に取り上げている「仮ですが、すごい橋です」をご参照ください。
 この橋は、山梨リニア実験線の建設工事に関連して架け替えが進められているようで、
青い存在もそれに関連するものですが、その向こうに金川を渡るリニア実験線の
橋梁の橋脚(あるいは橋台)の建設のようすも重なって見られます。

100704shinaizawahashi06.jpg

 最後に、少し離れたお山の方から、その橋、というか橋になろうとしているものを俯瞰しました。
3つの構成桁が渡っていますが、前後の橋台や橋脚で、それらの桁を支えているのが
今回の東海ゴム工業製のHDRSなのであります。
いまは、橋桁だけがのっていますが、この後は、その上にコンクリート床盤がつくられ、
本格的な橋になっていきます。
それとともに、ぐっと荷重もHDRSにかかっていくわけですが、縁の下の力持ちよろしく、
強い地震の揺れにも負けず、橋を支えてくれることでありましょう。
nice!(0)  コメント(0) 

まさに“明日に架ける橋”・・・それともう一つ [橋と川の文化誌]

100322hunayamagawahashi01.jpg

 先日、南部町の舟山川で、中部横断道の建設現場を眺めました。
そこでは、中部横断道の舟山川橋の下部工の建設が進められていたのですが、
現場が一望できる、すぐ下流の猿田橋のところに、こうした工事の説明板がありました。

100322hunayamagawahashi02.jpg

 現況の写真に、計画の状況を重ねた「完成予想図」です。
現在、当地で進められている工事は、国土交通省の発注だと、一番下の表示からわかりますが、
長野(さらにその先の新潟)と静岡を最短で結ぶ中部横断道は、基本的には、
自動車専用国道で、全国をネットする高速道路網の一つとして整備されるものですが、
ここの部分は、“新直轄方式”と呼ばれる形態で整備されているのです。
いずれにしろ、完成すると、山梨と、静岡(説明板では長野も)グッと近くなり、
地域間の交流が活発になることが期待されるもので、
建設が進む目の前の舟山川橋も、まさに“明日に架ける橋”ということになります。

100322hunayamagawahashi03.jpg

 そして、こちらは計画説明図の側面図です。
この図面で、けっこう詳しいことがわかります。
計画されている舟山川橋は、「鋼単純非合成I桁橋」という構造で、
計画路線のNo.50+53.50からNo.51+9.50までの区間、すなわち橋長は56,000mm。
左手の静岡側の橋台がA1、右側の増穂側の橋台がA2という番号になっているようです。

100322hunayamagawahashi05a1.jpg

 こちらがA1橋台の工事状況です。

100322hunayamagawahashi04a2.jpg

 そして、こちらがA2橋台。A2の方が、少し工事が先行しているみたいです。
それから、この写真で、猿田橋の手すりに、今回の話題としている
舟山川橋の計画説明板が設置されている状況もわかりますね。

100322hunayamagawahashi06.jpg

 建設中のA1橋台とA2橋台の間を流れる舟山川を、猿田橋から見たところです。
川の両側を連絡する必要があるらしく、鉄板を並べた工事用道路が設置されています。

100322hunayamagawahashi07.jpg

 よく見ると、川の流れは、工事用道路の上を越えて流れている・・・。
工事用とはいえ、道路が川を越えるのですから、それは橋です。
でも橋の上を水流が越えています。
実は、橋の形式の中に、「沈下橋」というのがあるそうで、まさにこれは沈下橋といえます。
建設中の舟山川橋の現場に、もう1つの風変わりな橋を見ることができました・・・
というお話しでした。
nice!(0)  コメント(0) 

笛・荒の合流点 [橋と川の文化誌]

100321huearagouryu01.jpg

 このところ続く“大津町逍遙シリーズ”その第4。
今回は、笛吹川と荒川の合流点を見た・・・です。

100321huearagouryu02.jpg

 と、まあ、こんな具合でした。

100321huearagouryu03.jpg

 合流点を見下ろす堤防の上に立って、下流側を見ると、
遠くに送電線が見えました。甲府南部工団線です。

 そして、この場所で振り返ると、そこには意外な光景が・・・次回をお楽しみに。
nice!(0)  コメント(0) 

せいじんはし [橋と川の文化誌]

100320seijinhashi01.jpg

 今回は、富士川の支流・横川にかかる橋のお話しです。
ここはだいぶ交通量が多いみたいですね。

100320seijinhashi02.jpg

 車の流れが切れたときに、もう一度撮りました。
橋の南詰めに「東南湖」という交差点があり、橋の上に
右折レーンが設けられていますので、けっこう幅の広い橋となっています。

100320seijinhashi04.jpg

 重要そうな橋の割には、欄干に明確な親柱が見られません。
北詰寄りの下流側の欄干の下に、竣工年を示すプレートがありました。
「平成元年6月竣功」とありました。

100320seijinhashi05.jpg

 北詰上流側の部分には、「せいじんはし」と、ひらがなの橋名がありました。
いったいどんな字、どんな意味で名付けられたのでしょうか。

100320seijinhashi03.jpg

 どんな意味でそうなったのかは不明ですが、
漢字での表示が「聖人橋」だということが、南詰め下流側のプレートにより判明しました。

100320seijinhashi06.jpg

 下流側、すぐ近くにかかる横川北橋から、今回の話題の聖人橋を見たところです。
コンクリート製の桁橋のようです。

 なお、蛇足ですが、聖人橋がささえている道路は、
県道26号富士川南アルプス線といいます。
以前には、県道増穂若草線と呼ばれていたのですが、
先般の平成の大合併の最終となる富士川町の誕生を受け、増穂が「富士川」に変わり、
若草は「南アルプス」市に合併しているので、富士川町が成立した2010年3月8日付で、
このような路線名に変わったようです。

 なおなお、「聖人橋」をネットで検索したところ、富山県にもあるようで、
そちらの方が圧倒的に記事の数が多かったです。
山梨の橋については、全体的にしっかりした情報があまりなくて
ちょっと残念な気がしました。

100320seijinhashi07.jpg

 聖人橋の近くに、ここを流れている橋の名称の表示板がありました。
横川です。プレートの左手には、遠く南アルプスの主峰・北岳が見えていました。

 なおなおなお、このほど、こんな川の名称表示板を集めたブログを
別につくりました。よろしければ、そちらも見てやってください。
ブログ名は「やまなしの河川」 URLは http://fun.ap.teacup.com/yamanashi_rever/ です。
nice!(0)  コメント(0) 

あの赤い橋の説明板見つけた・・・ [橋と川の文化誌]

100220shinnanbuhashi01setsumeiban.jpg

 今回の記事は、あの赤い橋についての詳細レポの“予告編”という感じです。
富士川支流の戸栗川が、その合流点にさしかかる辺り、
県道803号内船停車場線の戸栗川橋北詰にそれはありました。
そこからは、また実によく、あの赤い橋が見えるのです。

100220shinnanbuhashi02setsumeiban.jpg

 この画像サイズでは、内容がよくわからないよう・・・。
なので、またおいおい、細かく見ていきたいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 橋と川の文化誌 ブログトップ